毎日が2ちゃんねる HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> SS > 唯「わぁ~ムギちゃんの眉毛おいしいね~」ブチブチブチ




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

唯「わぁ~ムギちゃんの眉毛おいしいね~」ブチブチブチ

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/13(金) 22:29:44.48 ID:EeLq7MskO
紬「ぎゃあああぁぁああぁぁぁ!!」


梓「ゆ、唯先輩!何やってるんですか!」


律「唯ばっかりズルいぞ!私も食べたい!」ブチブチブチ


紬「ヒギイィィィィイイィィ!!!」


梓「律先輩まで…2人ともどうしちゃったんですか!おかしいですよ!」



2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/13(金) 22:33:44.58 ID:EeLq7MskO
梓「澪先輩も何か言ってやってください!」


律「澪なら隅っこで固まってるぞ」ブチブチブチ


梓「くっ……2人ともいい加減にしてください!先生呼んできますよ!」


律「まあまあそう言わずにお前も食べててみろよ!旨いぞ~!」


梓「そんなわけないですよ!先生呼んできます!」


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/13(金) 22:36:50.44 ID:EeLq7MskO
律「待てよー!食ってみれば分かるって!」バサッ


梓「ちょっと何するんですか!離してくだ…」ぱくっ


モグモグ


ゴクン




梓「うめええぇぇぇえぇぇぇぇ!!!ひゃっほ―――!!!!」ブチブチブチブチブチブチ


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/13(金) 22:40:26.07 ID:EeLq7MskO
紬「………」


唯「ムギちゃんの眉毛無くなっちゃったね。」


梓「2人のせいですよ!どう責任とるんですか!」


律「お前が一番食ってただろ…」


ピコーン ピコーン ピコーン ピコーン

律「なんだ?この音は?」


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/13(金) 22:44:03.56 ID:EeLq7MskO
紬「私、両方の眉毛を一度に取られちゃうと、ゲル状になっちゃうの~」


律「ゲル!?」


紬「早く変わりのものを付けないと~」


唯「あわわわ。ど、どうしよう…」


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/13(金) 22:47:33.75 ID:EeLq7MskO
律「唯!沢庵だ!沢庵を用意しろ!」


唯「た、沢庵なんて部室にないよう…」


律「じゃあ分度器でいい!誰か持ってないか!?」


梓「高校生は分度器なんて持ってないですよ!」


ドロドロ


律「早くしないとムギが完全にゲル状に…」


唯「あ、そうだ!」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/13(金) 22:50:24.08 ID:EeLq7MskO
唯「マッキーだ!マッキーだよ、りっちゃん!」


律「おお!でかした!それなら部室に…」


梓「ちょっとまってください!油性じゃかわいそうですよ!」


律「んなこと言ってられるか!」


キュポッ


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/13(金) 22:53:40.15 ID:EeLq7MskO
キュー キュー

律「よし!眉毛書けたぞ!」


唯「上手い!上手いよ、りっちゃん!」


律「これで元通りに…」


ドロドロ


梓「ちょっと!元に戻らないじゃないですか!どうするんですか!」


唯「ああ…ムギちゃんが完全にゲル状に…」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/13(金) 22:59:15.48 ID:EeLq7MskO
梓「なんか気持ち悪いですね…」


律「ど、どうするんだ?このまま放置しとく訳にもいかないぞ?」


梓「ギターケースにでも入れて、どこかに運びましょう。」


唯「でもどこに?」


梓「そりゃ唯先輩の家に決まってるじゃないですか。どうせ親いないんでしょう?」


唯「で、でも憂が…」


梓「何言ってるんですか?誰のせいでこうなったと思ってるんですか?」


唯「わ、分かったよ…」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/13(金) 23:03:41.91 ID:EeLq7MskO
ドロドロ ベチャベチャ

律「よし!なんとかギターケースに収まったな!」


唯「ムギちゃん…ちゃんと元通りになるかな?」


律「分からない…とりあえず唯の家でなにか策を考えよう」


梓「それじゃあさっさと行きましょう!」


バタン


澪「………」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/13(金) 23:08:20.68 ID:EeLq7MskO
ガチャ


唯「憂~ただいま~」


憂「お姉ちゃんおかえりー!あら、律さんに梓ちゃん!いらっしゃーい!」


律「ど、どうもお邪魔します…」


梓「よお、憂!チーッス!」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/13(金) 23:13:30.77 ID:EeLq7MskO
唯「憂、お茶とかお菓子とか大丈夫だから、絶対私の部屋に来ないでね!」


憂「うん、分かったけど…皆さんでいったい何するんですか?」


梓「いやあ~紬先輩がゲル状になっちゃってさ~」


憂「ゲル?」


律「お、おいおいバカな冗談はよせよ梓!ぶ、文化祭の演奏の打ち合わせをするんだ。憂ちゃん聞いちゃったら、当日つまんなくなっちゃうだろ?」


憂「はあ…(ゲル?)」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/13(金) 23:17:37.68 ID:EeLq7MskO
バタン


律「ふぅ…とりあえず持ってこれたけど…」


梓「いったいどうするんですか?」


律「とりあえず、沢庵で試してみないか?」


梓「でも、グチャグチャでどこが目なのか分からないですよ?」


律「他に考えられる方法はない!唯!沢庵だ!」


唯「ラジャー!」


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/13(金) 23:22:38.85 ID:EeLq7MskO
唯「う~い~~~~た~く~あ~ん~」


憂「え!?沢庵!?今無いけど、どうしたの急に?」


唯「い、いやあなんだか急に食べたくなって…」


憂「(変なの…)沢庵なら、隣のおばあちゃんちにならあるんじゃない?」


唯「そっかあ!じゃあ貰いに行ってくるね!」バタバタ


憂「あ、お姉ちゃん!(そんなに沢庵食べたいの…?)」


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/13(金) 23:26:24.33 ID:EeLq7MskO
唯「フンフンフフ~ン♪」


唯「ムギちゃんじゃないよ、沢庵だよ♪」


唯「眉毛じゃないよ、沢庵だよ♪」


ガラガラ


唯「こんばんは―!」


とみ「あらあら、唯ちゃんいらっしゃい。」


唯「眉毛ください!」


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/13(金) 23:30:19.77 ID:EeLq7MskO
とみ「え?眉毛?」


唯「そう!眉毛!」


とみ「あらあら、眉毛きらしちゃったの?ちょっと待っててね。」


ブチブチブチブチブチブチブチブチブチ

とみ「はい、これどうぞ!」


唯「わーい!美味しそうな眉毛!ありがとう!おばあちゃんだーい好き!」


とみ「賞味期限ぎりぎりだから、早めに食べるんだよ。」


唯「はーい!」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/13(金) 23:34:37.41 ID:EeLq7MskO
唯「ただいま―!りっちゃん隊長!眉毛貰ってきました!」


律「おぉでかしたぞ唯……って沢庵はどうしたんだよ!」


唯「あれ?ま、間違えちゃったかな…」


律「何やってんだよ唯!」


梓「ちょっと待ってください!沢庵より本物の眉毛の方が効く可能性高いんじゃないですか!?」


律「言われてみれば……やっぱりでかしたぞ!唯!」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/13(金) 23:39:11.44 ID:EeLq7MskO
梓「でもどうやって使うんですか?この眉毛。」


律「しょうがない。パラパラ~っと振りかけてみるか。」


梓「そんなテキトーでいいんですか!?」


律「しょうがないだろ!こんな状態なんだし!」ベチャベチャ


律「よし!じゃあいくぞ!」


唯・梓「(ごくり…)」


パラパラパラパラ


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/13(金) 23:42:05.68 ID:EeLq7MskO
ムクムクムク


律「おぉこれは!」


梓「いけるんじゃないですか!?」


ムクムクムク

ムクムクムク

ピカーン


紬「治ったわ!」


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/13(金) 23:46:28.07 ID:EeLq7MskO
唯「む、ムギちゃん!」


律「ムギ――!!」


紬「あら?この眉毛は誰のかしら?」


唯「それはね、隣のとみおばあちゃんの眉毛だよ!」


紬「あらあら、なかなかの眉毛ね」


律「ムギはどんな眉毛でも似合うなあ!」


梓「……………………ごくり」


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/13(金) 23:52:16.38 ID:EeLq7MskO
唯「ゴメンねムギちゃん…私たち、ムギちゃんになんて酷いこと…」


律「スマン!この通りだ!ムギの眉毛があまりに美味しそうでつい……」


紬「まあまあまあ、いいのよ2人とも。元はといえば、私の眉毛があまりに美味しそうなのが悪いんだから…。」


唯「ムギちゃん…」


紬「それに、こんなに人とスキンシップとったの、生まれて初めて…むしろ嬉しかったのよ、私。」


律「うっうっ…ムギ―――!!」


梓「ハアハアハア…………………ジュルリ」


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/13(金) 23:55:13.53 ID:EeLq7MskO
律「ほら、梓もちゃんと謝れよ!」


梓「ハアハアハア」


唯「あ、あずにゃん?」


梓「フオオォォォォヒイャッハー――!!!!!!!いっただっきまーす!!!」ブチブチブチブチブチブチブチブチブチブチブチブチブチブチブチ


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/14(土) 00:00:35.69 ID:EeLq7MskO
ピコーン ピコーン


ドロドロ


律「中野!!てめぇ何やってんだよ!」


梓「ぺッ!そういえばこれ、ババアの眉毛でしたね………おえ」


唯「ど、どうしよう…ムギちゃんがまたゲル状に…」


律「おい中野!眉毛抜け!」


梓「い、いやですよ!先輩が抜いてください!」


律「なんだと!?」


ガチャ


澪「私の眉毛…使ってくれ…」


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/14(土) 00:03:56.69 ID:uaM/Is/yO
唯「み、澪ちゃん!?」


澪「私…ムギがあんな酷いことされてたのに、隅っこで震えてることしかできなかった…」


律「澪……」


澪「償いたいんだ。ムギに。この眉毛で」


唯「!?澪ちゃん!ダメ!」


ブチブチブチブチブチブチブチブチブチブチブチブチ


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/14(土) 00:08:09.14 ID:uaM/Is/yO
ブチブチブチ

澪「痛っ……」


律「止めろ澪!お前がこんなことする必要はない!わ、私がやるから!」


唯「そうだよ澪ちゃん!痛いの苦手なんでしょ!?私がやる!」


ブチブチブチブチブチブチブチブチブチ


澪「痛っ…これで…全部だ……」


律「澪…お前…」


唯「うっうっ…澪ちゃん…」


梓「ふう…やれやれ。なんか助かったみたいですね」


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/14(土) 00:13:22.24 ID:uaM/Is/yO
澪「さあ…この眉毛で早くムギを…」


律「いや、その前に…」バサッ


梓「ちょっと!何するんですか!」


律「唯!手伝ってくれ!」


唯「ラジャー!」ボカボカ


梓「い、痛いです!離せです!」


律「よし!梓は柱にくくりつけた。また眉毛食べられたら適わないからな。」


律「じゃあいくぞ!」

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/14(土) 00:17:41.37 ID:uaM/Is/yO
パラパラパラパラ


ムクムクムク

ムクムクムク

ピカーン


紬「治ったわ!」


澪「む、ムギ!」


紬「あら?今度は誰の眉毛かしら?」


澪「私のだ…ゴメンなムギ…。私の眉毛じゃ嫌か?」


紬「そんなことないわ!ありがとう!(澪ちゃんの眉毛……ウフフフフ)」


梓「ちょっと!もういいでしょ!いい加減離しやがれです!」


紬「あらあらあらまあまあまあ」


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/14(土) 00:21:21.33 ID:uaM/Is/yO
梓「ム、ムギ先輩!離してくれるんですか!?」


律「お、おいムギ!そいつは…」


ムギ「まあまあまあまあまあまあ」


ムギ「ところで…梓ちゃんの眉毛も、とっても美味しそうね。」


梓「え?何を言って…離してくれるんじゃ…わ、や、止めてください!」


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/14(土) 00:23:39.46 ID:uaM/Is/yO
ムギ「いただきます♪」


梓「にゃああああああ!!!!!」


ブチブチブチ


紬「わあ~梓ちゃんの眉毛おいしいわあ~」

ブチブチブチブチブチブチブチブチブチブチブチブチブチブチブチ


紬「ごちそうさまでした♪」





52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/14(土) 00:31:06.21 ID:yyPktBET0
最後まで読んだ俺が馬鹿でした、乙



[ 2010/09/03 22:33 ] SS | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://7zdekure.blog129.fc2.com/tb.php/149-82af18ea










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。