毎日が2ちゃんねる HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> SS > 杉下右京「あなたが私のプロデューサーですか・・・」




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

杉下右京「あなたが私のプロデューサーですか・・・」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/18(水) 18:57:57.79 ID:xwPrTNGs0
右京「プロデューサー、おはようございます」

P「右京たん!おはようちゃん!」

右京「はいィ?」


2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/18(水) 18:59:19.27 ID:Bd6twTW/O
なんと

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/18(水) 18:59:21.86 ID:xwPrTNGs0
P「(機嫌を損ねたかな・・・まだ活動は大丈夫そうだ)」

P「調子はどうだ?」

右京「可もなく不可もなくといったところでしょうか」

P「・・・そうか(そろそろ休みをとったほうがいいかな?)」


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/18(水) 19:00:54.63 ID:xwPrTNGs0
社長「やぁ、おはよう諸君」

P「あ、社長!おはようございます」

右京「おはようございます社長。ネクタイが曲がっていますよ」

社長「おお、スマンスマン」

右京「細かいことが気になってしまうのが、僕の悪い癖」


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/18(水) 19:03:38.80 ID:q+8zHOLgO
IBOUM@STER…だと…!?

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/18(水) 19:04:46.67 ID:xwPrTNGs0
社長「オホン、では本日の流行情報だ」

P「1位はビジュアルか・・・そろそろ衣装を変えてみるかな」

右京「サスペンダーは外せませんねぇ」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/18(水) 19:08:40.44 ID:elGVjdzz0
普通に脳内で声が再生されるから困る。

続けたまえ。

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/18(水) 19:10:26.07 ID:xwPrTNGs0
右京「衣装よりも楽曲を変えていただきたいのですがねぇ・・・」

P「気に入らないのか?」

右京「気に入らないわけではありませんが・・・僕のキャラクターとは少々違うのでは
   ないか、と思いましてね。いや、申し訳ない。僕としたことが出過ぎた真似を」

P「俺は好きだぞ?右京のキラメキラリ」


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/18(水) 19:14:19.19 ID:xwPrTNGs0
P「今日はオーディションを受けるぞ!」

右京「こういうのはいくつになってもドキドキするものですねぇ」

P「右京なら大丈夫だよ!俺が保証する」

右京「根拠のない自信も、時には必要かもしれませんねぇ」


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/18(水) 19:20:26.11 ID:xwPrTNGs0
オーディション会場

審査員「よし、じゃあ2番のメガネちゃん!今日の意気込みを」

右京「チェスの腕には自信があります」

審査員「へ?」

P「ああ・・・やっちゃったよ」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/18(水) 19:25:26.87 ID:xwPrTNGs0
舞台袖

P「チェスの腕って何だよ!まったく恥かかせやがって」

右京「場を和ませるために言ってみたのですが・・・
   ジョークというのは難しものなのですねぇ」

P「まぁいい、とにかくお前ならできる!全力でやってこい!」

右京「プロデュサー・・・燃えていますねぇ、亀山くんを思い出します」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/18(水) 19:29:49.86 ID:xwPrTNGs0
右京「フレッフレッがんばれ!さぁいこう♪フレッフレッがんばれ!最高♪」

右京「キラメキラリずっとチュッと!地球で輝く光♪キラメキラリもっとMOREっと!私を私と呼びたい♪」

右京「ギターソロかも~ん!」

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/18(水) 19:33:41.39 ID:4bzlbATB0
なんだろう、想像したくないのに想像しちゃう

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/18(水) 19:36:21.64 ID:xwPrTNGs0
結果発表

ドルルルルルルルルル・・・デデーン!
!!!不合格!!!

P「うわぁぁ!マジかよ!」

右京「惜しかったですねぇ」

P「こんなの・・・納得できない!ちょっと俺抗議してくる」

右京「!」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/18(水) 19:36:43.63 ID:oYmSh9aN0
相棒…だと…

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/18(水) 19:39:11.98 ID:xwPrTNGs0
右京「プロデューサー、いいんです。結果は結果ですから」

P「だって、だってさ、おかしいだろ。右京は歌もダンスも完璧だったのに!」

右京「皆が見ていますよ。取り乱すのはお止めなさい!」

P「え!?」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/18(水) 19:42:11.87 ID:xwPrTNGs0
右京「いい加減にしなさい!!いい大人がみっともない!!」

右京「まだ分からないのですか!?僕たちは負けたんです!」

右京「それなのにそれを認めようとしない・・・」

プルプルプル・・・

右京「恥を知りなさいッ!!!」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/18(水) 19:42:26.53 ID:2JoZs9nwP
なんんだこれwww

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/18(水) 19:54:39.51 ID:xwPrTNGs0
P「・・・そうだな、右京の言う通りだ」

右京「プロデューサー・・・」

P「右京、済まなかった。俺、プロデューサー失格だよな・・・。無様な俺を笑ってくれよ」

右京「誰が笑うものですか。僕のプロデューサーは・・・あなたしかいないのですよ?」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/18(水) 20:07:25.59 ID:xwPrTNGs0
響「右京ってホント、プロデューサーと仲良しだよなぁ。自分羨ましいぞ!」

真「ダンスも上手いし、ボクもうかうかしてられないや!」

右京「僕とプロデューサーは相性がいいのでしょうかねぇ」

春香「相性がいい・・・それだけ・・・かな?」

右京「はいィ?」

春香「ううん、何でもないの!あ、そうだ右京、ケーキ作ってきたんだけど食べない?」

右京「これは美味しそうですねぇ。と、なると・・・紅茶を淹れないといけませんねぇ」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/18(水) 20:16:02.83 ID:xwPrTNGs0
右京「春香さんの作るスイーツは絶品ですねぇ」

やよい「うっうー!ほっぺたが落っこちちゃいそうです!」

真「お菓子づくりって女の子っぽくて憧れちゃうなー。
  春香、今度ボクにケーキの作り方教えてよ!」

春香「もちろん!あ、そうだ!今度のお休みの日に
   みんなでお菓子パーティやらない?」

右京「それは楽しそうですねぇ」

春香「じゃあ、決まりだね!」



33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/18(水) 20:21:17.89 ID:xwPrTNGs0
当日・・・

春香「あ、いたいた!右京~!」

右京「おはようございます。そんなに焦るとまた転んでしまいますよ?」

春香「大丈夫大丈夫、って、え?わーっ!」

ドンガラガッシャーン!

春香「あいたたたた・・・」

右京「言わんこっちゃありませんねぇ」


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/18(水) 20:32:34.02 ID:xwPrTNGs0
真「全員そろったね。じゃあ行こうか!」

春香「えーと、じゃあまずは材料の買出しだね」

やよい「この近くに特売で有名なスーパーがあるんですよー!」

右京「では、そこへ行ってみましょうか」


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/18(水) 20:37:14.73 ID:xwPrTNGs0
やよい「あ、あそこですー!」

響「あれ?なんだかスーパーの周りが騒々しいぞ?」

真「ホントだ。どうしたんだろう」

春香「私見に行ってくるね!」

右京「あ、春香さん・・・」


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/18(水) 20:39:21.20 ID:xwPrTNGs0
キャァァァァアアアア!!!

右京「!?」

真「い、今の声は!」

響「春香の声だったぞ!」

やよい「と、とにかく行ってみましょう!」


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/18(水) 20:45:05.56 ID:2JoZs9nwP
右京さん馴染みすぎwww

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/18(水) 20:45:32.88 ID:xwPrTNGs0
強盗「へっへっへっ・・・スーパーの強盗には失敗したが
   あの人気アイドルの天海春香を人質にとれるとはな」

春香「た、助けて!」

右京「春香さん!」

やよい「うぁー、大変です!プロデューサーに知らせないと!」

真「刃物を持ってる・・・迂闊に手を出せないな」


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/18(水) 20:55:25.54 ID:xwPrTNGs0
ピッポッパッ
プルルルルルルル・・・

右京「もしもし?プロデューサーですか」

P「おーぅ、右京!どうした?深刻そうな声で」

右京「あいかわらず脳天気ですねぇ。実はかくかくしかじかで・・・」

P「なにッ!?春香が!?」

右京「落ち着いてください。僕に考えがあります・・・」


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/18(水) 20:59:51.75 ID:xwPrTNGs0
右京「いいですか・・・ゴニョゴニョゴニョ」

P「本当にそんなんで上手くいくのか?右京が言うなら大丈夫だろうが・・・」

右京「では、おねがいしますよ」


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/18(水) 21:12:40.08 ID:xwPrTNGs0
プルルルルルルル・・・

強盗「なんだ!?」

春香「電話・・・みたいです」

強盗「電話だとォ?」

春香「出ましょうか・・・?」

強盗「っざけんな!」

春香「ひっ!」


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/18(水) 21:14:49.88 ID:xwPrTNGs0
ピロリロピロリロピロリロ・・・

強盗「おい!うるせェぞ!」

春香「出ればおさまりますけど・・・」

強盗「チッ!しょうがねぇなぁ、出ろ!ただしすぐ切るんだ」

春香「は、はいィ・・・」


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/18(水) 21:21:55.52 ID:xwPrTNGs0
春香「も、もしもし・・・?」

P「春香!大丈夫か」

春香「(プ、プロデューサーさん・・・!)」

P「強盗に話がある。電話を変わるんだ」

春香「えっ!?」

強盗「おい、どうした!さっさと切りやがれってんだ!」


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/18(水) 21:29:09.80 ID:xwPrTNGs0
P「いいか春香、ゴニョゴニョゴニョ・・・」

強盗「おい!いい加減にしろ!」

春香「あの、強盗さんに・・・お電話です」

強盗「ハァ?なめてんのかテメェ!」

春香「警察の方が、お話があるそうで・・・」

強盗「仕方ねぇな、耳のとこに電話を持ってこい!」

春香「はいィ・・・(ニヤリ」


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/18(水) 21:35:05.10 ID:xwPrTNGs0
強盗「あ?もしもし、警察か?」

♪ゴマエー!!!ゴマエー!!!がんばってゆきまっしょー!!!
(受話口から大音量で流れるGO MY WAY!!)

強盗「うわっ、何だこの爆音は!?」

春香「(今のうちっ・・・!)」

タタタタ・・・

強盗「あっ、逃げんな!待ちやがれッ!」


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/18(水) 21:36:53.68 ID:xwPrTNGs0
右京「今です!真さん!」

真「よくも春香をこわがらせてくれたなッ!!!うぉりゃぁあああ!!!」

強盗「!?」

ドガッシャーン!!!

響「さすが真・・・やるなぁ!」



56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/18(水) 21:43:40.74 ID:xwPrTNGs0
右京「どんな理由があってのことかは知りませんが・・・」

右京「いたいけな少女に対する卑劣な犯行・・・許されるものではありません!」

強盗「ヘヘッ、そりゃあテメェには俺の気持ちなんかわかんねぇだろうよ・・・」

右京「・・・・・・」

プルプルプル・・・

強盗「どうした?言い返せねぇのか」



60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/18(水) 21:48:31.20 ID:xwPrTNGs0
右京「恥を・・・恥を知りなさいッ!!!」

強盗「!?」

右京「さっきから黙って聞いていれば・・・!まだ分からないのですかッ!?」

強盗「な、何がだよ・・・」

右京「あなたがこの犯行に至るまでどんなに苦しんだか、僕には知る由もありません。
   しかし、春香さんが今味わった恐怖や絶望感に比べれば・・・そんなのはとるに足らないことです!」



61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/18(水) 21:51:39.60 ID:xwPrTNGs0
右京「自分の不幸を他人の所為にするのはもうお止めなさい!!!」

強盗「くっ・・・、俺が・・・俺が間違っていたようだな・・・」

右京「・・・分かればいいのですよ」

右京「さて、あとは警察に任せるとしましょう」


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/18(水) 22:00:20.27 ID:xwPrTNGs0
その後・・・

春香「プロデューサーさんのおかげです!本当にありがとうございました!」

P「あ・・・いやァ、あれ実は俺じゃなくて右京がな・・・」

春香「えっ!右京が?」

右京「はいィ?はて、何のことでしょうか」


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/18(水) 22:02:10.12 ID:boCYEjc8O
プルプルで腹がよじれる

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/18(水) 22:08:33.21 ID:xwPrTNGs0
P「実はかくかくしかじかで・・・ということなんだ」

春香「右京・・・」

右京「春香さん?」

春香「右京・・・ありがとね。」

春香「実は私・・・嫉妬してたんだ。右京がプロデューサーさんとあんまり仲いいものだから。」

春香「でもこんな連携プレーを見せられちゃったら、認めないわけにはいかないよねっ」


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/18(水) 22:14:21.37 ID:xwPrTNGs0
P「春香・・・」

右京「たしかに私はプロデューサーを尊敬していますし、大好きですよ」

春香「や、やっぱり・・・」

右京「でもね、それと同じくらいに・・・春香さん、あなたことも大好きなんですよ」

春香「う、右京・・・」


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/18(水) 22:18:10.18 ID:xwPrTNGs0
P「ああ、俺もだ!俺も右京と春香が大好きさ!」

P「もちろん真ややよい、響や他のアイドルたちのこともな!」

右京「つまらないことでクヨクヨするのはもう・・・お止めなさい」

春香「うん!」


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/18(水) 22:23:50.36 ID:xwPrTNGs0
春香「ねぇ、右京・・・」

右京「はいィ?」

春香「これからも・・・よろしくね!」

右京「ええ」

社長「(私は今、猛烈に感動しているッ・・・!)」


71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/18(水) 22:37:50.39 ID:xwPrTNGs0
ある日・・・

ピロリロピロリロピロリロ・・・

小鳥「はい、こちら765プロ・・・え?警察!?」

小鳥「は、はい。少々お待ちください・・・」

右京「僕に・・・ですか」


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/18(水) 22:40:19.68 ID:q2ID9bcDO
今ちょうどBSで相棒やってるから、再生率がぱないの

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/18(水) 22:40:58.50 ID:xwPrTNGs0
右京「もしもし、お電話かわりました。杉下右京ですが・・・」

右京「はい、はい」

右京「しかし・・・私をクビになさったのはあなた方ではなかったでしょうかねぇ」

右京「今さら・・・戻れとおっしゃるんですか」

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/18(水) 22:43:37.11 ID:xwPrTNGs0
P「ただいまー♪おーい右京、新しい仕事とってきたぞー!」

小鳥「しっ!」

P「どうしたんですか?小鳥さん」

小鳥「今、警察から電話があって・・・」


76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/18(水) 22:49:17.00 ID:xwPrTNGs0
小野田「だからさ、悪かったって言ってるじゃない。今の警視庁には杉下の力が必要なの」

右京「僕は今・・・アイドルとして頑張っているんです。そのことはあなたもご存知でしょう」

小野田「・・・。お前も頑固だね」

右京「では、プロデューサーが帰ってきたようですので。お切りしてもよろしいですか?」

小野田「またかけるよ」


78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/18(水) 22:54:24.07 ID:xwPrTNGs0
P「右京・・・お前・・・」

右京「おかえりなさい」

P「今の電話って・・・」

右京「はいィ?そんなことより・・・新しい仕事の話、聞かせていただけますか?」


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/18(水) 22:59:24.08 ID:xwPrTNGs0
P「あ、ああ・・・」

P「新曲をリリースできることになったぞ。タイトルは・・・『カリフォルニア・コネクション』だ!」

右京「そのタイトル・・・」

P「タイトルがどうかしたか?」

右京「何故だか懐かしいような・・・そんな気がしますねぇ。これがデジャヴというものなんでしょうかねぇ」


83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/18(水) 23:23:33.28 ID:xwPrTNGs0
P「(右京・・・本当は警察に戻りたいんじゃないんだろうか)」

右京「さて、今日の予定は?」

P「あ、そうだな。うん、今日は警察署の一日署長の仕事が入っている」

P「(って、オイ・・・このタイミングで警察署長かよッ!)」

右京「ほう・・・興味深いお仕事ですねぇ」


84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/18(水) 23:29:12.99 ID:xwPrTNGs0
警察署

警官A「今日はあの人気アイドルの右京さんが来るらしいじゃないか」

警官B「マジかよ!俺大ファンなんだよね」

警官A「そういやさ、元警察関係者ってウワサあるけど、あれ本当かね?」

警官B「あ、あの話なら本当だよ。2chで関係者って人が話してたし」


88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/18(水) 23:41:43.41 ID:xwPrTNGs0
署長「オホン!えー、今日はアイドルの杉下右京さんに来ていただいた」

一同「オォーッ!」

右京「・・・・・・」

P「どうした?緊張してるのか?」

右京「み、皆さんこんにちは・・・杉下右京と申します。本日はお招きありがとうございます」

P「タハッ、あいかわらず固いなァ」


89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/18(水) 23:47:02.15 ID:xwPrTNGs0
署長「ウォッホン!知っている者も多いと思うが、杉下さんは元警察関係者だ」

一同「ザワ・・・ザワ・・・(あのウワサは本当だったのか・・・)」

P「!?(その話はオフレコのはず・・・何故?)」

杉下「あなたの仕業ですね」



90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/18(水) 23:52:42.87 ID:xwPrTNGs0
大河内「フッ・・・流石は杉下さん・・・見事です」

杉下「このお仕事をいただいた時から何かおかしいと思っていたのですが」

P「あなたは・・・たしか警視庁の!」

大河内「大河内春樹と申します。」


91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/18(水) 23:56:50.48 ID:xwPrTNGs0
大河内「杉下さんにアイドルは似合いませんよ・・・それが警視庁の総意です」

右京「ずいぶんと調子のいいものですねぇ」

大河内「あなたの天才的な頭脳は警視庁でこそ発揮されるもの。分かりますね?」

右京「おっしゃっていることがよく分かりませんねぇ」


96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 00:01:00.83 ID:xwPrTNGs0
大河内「官房長からも電話がいっている筈ですが」

右京「ええ」

大河内「何故そこまでアイドルにこだわるのです?」

右京「説明しても・・・あなたには分からないでしょうねぇ」


97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 00:06:43.05 ID:Bd/upIGb0
右京「さて、お仕事の途中でしたね・・・失敬」

大河内「杉下さん・・・!」

右京「歌います・・・『私はアイドル』!」



100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 00:08:14.29 ID:Bd/upIGb0
右京「きっと私が一番!でもあなたもソコソコかも♪」

右京「そりゃ私と比べるから、ちょっと分悪いのよ♪」



101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 00:11:47.48 ID:Bd/upIGb0
一同「フゥーフゥー!ハイハイ!」

大河内「これは・・・!」

P「大河内さん、これで分かったでしょう。右京のアイドルとしての才能が」


102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 00:20:22.28 ID:JJT/w1BVO
どう考えてもきめえ

103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 00:22:48.58 ID:Bd/upIGb0
大河内「パクッ、ポリポリポリ・・・」

P「(あれは・・・ラムネ?)」

大河内「ふぅ・・・分かりました。今日のところはこれくらいにしておきましょう」

P「・・・・・・」

大河内「・・・まだ諦めたわけではありませんよ?」


104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 00:26:23.87 ID:Bd/upIGb0
右京「みんなー!ありがとー!」

一同「ウオォーッ!!」

右京「ふぅ・・・僕としたことが、少々張り切りすぎてしまったようですねぇ」

P「右京、今日も最高だったぜ!お前のステージ」

右京「・・・ありがとうございます」


106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 00:28:44.88 ID:Bd/upIGb0
都内某CDショップ

大河内「えぇと・・・杉下・・・さ行か。おかしい・・・見つからないな」

小野田「フッ・・・これだから素人は困ります」

大河内「か、官房長!こんな所で何を」

小野田「キミこそ・・・。あ、杉下は765エンジェル名義でCD出してるから、な行を探してみなさい」


107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 00:32:02.45 ID:Bd/upIGb0
大河内「しかし・・・お詳しいんですね。驚きました」

小野田「杉下のことは色々と知っておきたいからね」

大河内「はァ・・・」

小野田「それより、来週発売のやよいちゃんのCD。もう予約した?」

大河内「やよいちゃん・・・?誰ですかその娘は」


109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 00:36:30.09 ID:Bd/upIGb0
小野田「やよいちゃんを知らないなんて、モグリだね。
     杉下のキラメキラリも彼女のカバー曲だよ」

大河内「そうだったんですか・・・」

小野田「杉下がアイドルデビューと聞いて最初はビックリしたけどね。
     既に765プロに驚くほど馴染んでいるみたいだ」


110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 00:39:40.65 ID:Bd/upIGb0
大河内「確かに杉下さんの歌には・・・ダンスには・・・何とも形容のしがたい魅力があります」

小野田「よく分かってるじゃない」

大河内「しかし・・・だからと言って、このままでいいんでしょうか!?」

小野田「それは・・・難しいところだよね」


112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 00:44:00.74 ID:Bd/upIGb0
真「最近、右京なんかおかしくない?」

春香「たしかに・・・ちょっと心配だね」

やよい「うぅ・・・どうしたんでしょうか・・・」

113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 00:46:07.88 ID:Bd/upIGb0
右京「・・・・・・ふぅ」

律子「ちょっと右京!何しょぼくれてんのよ!」

右京「律子・・・さん?」

律子「あんたがそんな調子だとさぁ、周りにも重い空気が伝染しちゃうのよねぇ」

右京「僕としたことが・・・申し訳ない」

律子「ほらほら~元気出しなさいって!」


114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 00:50:45.83 ID:Bd/upIGb0
亜美「あー、右京っちじゃーん!どったの?元気ないよー?」

真美「右京っちは笑顔がステキなのにねー」

右京「亜美さん・・・真美さん・・・」

律子「ね?亜美たちの言う通りよ!笑って笑って!」

右京「は、はは・・・」


115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 00:54:01.02 ID:Bd/upIGb0
社長「オホン!おはよう、諸君!」

一同「あ、社長!おはようございまーす!」

社長「仲よき事は美しきかな・・・ようし、今日も頑張っていこう!」

一同「はーい!」

右京「(こんなことでは・・・いけませんねぇ)」


117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 01:01:07.51 ID:Bd/upIGb0
しかし、杉下右京の鬱屈とした思いは解消されなかった・・・

右京「(警察か・・・それともアイドルか・・・)」

伊織「ちょっとアンタ!まだふさぎこんでんの?いい加減にしなさいよね」

右京「今度は伊織さんですか・・・」

伊織「律子たちから聞いたわよ!どんな理由か知らないけど、悩みがあるなら・・・その・・・」

右京「はいィ?」

伊織「相談に乗ってあげなくもないわよ、って言ってるのよ!言わせないでよ、もう!」


120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 01:03:36.35 ID:Bd/upIGb0
右京「テンプレート通りのツンデレいうものでしょうか、勉強になります」

伊織「な、な何言ってんのよ!そんなんじゃないわよ!」

右京「とにかく・・・お気遣いありがとうございます。しかし、心配無用ですよ」

伊織「ふん!・・・ならいいわ」


121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 01:07:08.77 ID:Bd/upIGb0
P「さぁ、右京行くぞ!」

右京「お待たせしました」

P「きょうは温泉ロケだ!都内だけどな」

右京「それは楽しみですねぇ」


122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 01:10:52.87 ID:Bd/upIGb0
P「お、ここだここだ・・・もう番組の撮影クルーは来てるのかな?」

ザワ・・・ザワ・・・

右京「なにやら様子がおかしいですねぇ・・・」

P「おいおい、またかよ・・・」


125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 01:14:16.04 ID:Bd/upIGb0
P「ええ!?旅館で自殺!?」

スタッフA「ええ・・・我々が来て小一時間立った頃でしょうか・・・女将さんが発見したみたいです」

スタッフB「ったくよぉ、やってらんねぇよ。ロケは中止だな」

右京「これは・・・殺人事件です」

一同「な、何だってー!?」


126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 01:20:43.78 ID:Bd/upIGb0
伊丹「いや、これはれっきとした自殺です。警部殿の出る幕はありませんよ」

杉下「おや、あなたは・・・」

伊丹「ってもう警部じゃありませんでしたね。アイドルになってまで
   警察の仕事に首突っ込まないでもらえますかねぇ?」

杉下「これは失敬」


127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 01:26:55.73 ID:Bd/upIGb0
三浦「警部殿・・・いや、杉下さん、お久しぶりです」

芹沢「杉下さん、CD買いました!捜査一課はみんな聴いてますよっ」

伊丹「くぉらっ!芹沢!余計なこと言ってんじゃねぇ!!」


128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 01:29:31.43 ID:Bd/upIGb0
右京「たしかに部外者が口をはさむべきではないかもしれませんねぇ」

P「そうだな・・・」

右京「とにかく現場を見てみましょう」

伊丹「って言ってるそばからオイッ!」


131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 01:32:35.23 ID:Bd/upIGb0
右京「第一発見者は・・・あなたですね」

女将「はい・・・お布団を敷きにきたんですが、戸を開けたら倒れていて・・・」

右京「なるほど。この方は一人で泊まりにきたのでしょうか?」

女将「ええ・・・その様です」


132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 01:36:32.36 ID:Bd/upIGb0
右京「今旅館に泊まっているのは?」

女将「この方を含めて7人いらっしゃいます」

右京「随分と少ないのですねぇ」

女将「小さな旅館ですから。閑散期ですしね・・・」


133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 01:39:09.74 ID:Bd/upIGb0
右京「宿帳を見せていただけますか?」

女将「はぁ・・・こちらです」

右京「この4名は・・・たしか・・・876プロ・・・アイドル事務所ですねぇ」

右京「それに遺体の女性と、残る一人も女性で、全員女性ということになりますねぇ」


134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 01:41:13.66 ID:Bd/upIGb0
P「なにィ?876プロだと?」

右京「ええ。日高愛、水谷絵理、秋月涼・・・そして石川実、とあります」

P「これはややこしいことになってきたな・・・」

右京「一人ひとりに事情を聞いてみましょう」


135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 01:45:15.21 ID:Bd/upIGb0
右京「失礼します」

愛「!?」

右京「日高・・・愛さんですね」

愛「ケ、ケーサツの人ですか?あれ・・・もしかして人気アイドルの右京さん!?」

右京「ええ・・・人気かどうかは分かりませんがねぇ」


136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 01:45:59.31 ID:fSJfqErm0
なんか本格的になってきたな

137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 01:48:07.43 ID:Bd/upIGb0
右京「ALIVE・・・素敵でしたよ」

愛「き、聴いてくれたんですか?嬉しい・・・」

右京「時に、この旅館に着いてからの行動をお教え願えますか?」

愛「え?あ、はい・・・」


139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 01:53:52.52 ID:Bd/upIGb0
愛「今日は久々のオフで・・・事務所のみんなで温泉に行こうって話になったんです。
  近場ってことでここになったんですけど・・・。まさかこんなことになるなんて・・・」

愛「私と絵理さんが同室で、涼さんと社長が隣の部屋ってことになって・・・」

愛「まず温泉に行こうってみんなで話してたんですけど、涼さんがちょっと調子が
  悪いからあとで行くーって言ってて、それで絵理さんと社長と3人で行ったんです」


142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 01:59:05.84 ID:Bd/upIGb0
右京「なるほど」

愛「温泉からあがったあと、部屋でくつろいでたら叫び声がして・・・あ、その時は3人でUNOやってたんですけど」

右京「涼さんは?」

愛「分からないです・・・本人に聞いてみてください。まさか、涼さんを疑ってるんですか?」

右京「いえ、そんなことは・・・」


143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 02:01:36.46 ID:Bd/upIGb0
右京「失礼」

涼「あ、あなたは?」

右京「杉下右京と申します。いつもお姉様にはお世話になっております」

涼「765プロの右京さんですね!僕・・・じゃなくて私、大ファンです!」


144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 02:05:19.26 ID:Bd/upIGb0
涼「お会いできて光栄です!」

右京「ちょっとお話を伺いたいのですが・・・」

涼「さっきの事件のことですか?私は何も知りませんよ?」

右京「旅館に着いてから今までのことをお話しいただけますか?」

145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 02:06:46.88 ID:Bd/upIGb0
涼「私を・・・疑ってます?」

右京「とんでもない!形式的なものです。細かいことが気になってしまうのが僕の悪い癖・・・」

涼「はぁ・・・、そうですか」

146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 02:26:32.80 ID:Bd/upIGb0
涼「愛ちゃんたちが温泉に行った後はひとりでゴロゴロしてました。ケータイいじったり」

右京「その後は?」

涼「愛ちゃんたちが出てきたのを見計らって温泉に入りに行きました」

右京「証人はいるのでしょうか?」

涼「えっ・・・い、いませんけど」


147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 02:30:29.84 ID:Bd/upIGb0
右京「ご協力感謝します」

涼「わ、私何もやってませんから!」

右京「分かっていますよ」

涼「・・・・・・」


149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 02:33:20.84 ID:Bd/upIGb0
旅館大広間

右京「皆さんをここへ呼んでください」

P「は、犯人が分かったのか?」

右京「・・・・・・」

P「いや、何も言うな・・・分かったよ」

150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 02:36:06.56 ID:Bd/upIGb0
伊丹「ったく、捜査の邪魔だけは勘弁してくれませんかねぇ警部殿」

芹沢「もう警部じゃありませんよ」

伊丹「だぁーっ!わーってるよ!トップアイドルのす・ぎ・し・た・さ・ん!で、いいんでしたっけ?」

女将「何か・・・分かったんですか?」

151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 02:39:01.54 ID:Bd/upIGb0
右京「今回の事件、自殺と考えるには妙な点があまりに多すぎます」

右京「これは殺人事件・・・自殺に見せかけた殺人です」

右京「そして、犯人はあなたですね・・・そこの宿泊客Aさん?」



153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 02:41:49.34 ID:Bd/upIGb0
宿泊客A「なっ・・・何か証拠でもあるんですか!?」

右京「先ほどお話を伺った際、あなたはこう言いましたね。『温泉で秋月涼さんを見た』と・・・」

宿泊客A「それの何がおかしいて言うのよ?有名人だから顔も名前も知ってるわよ」

右京「はて・・・妙ですねぇ」


155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 02:44:44.27 ID:Bd/upIGb0
右京「これからお話するのはプライバシーに関わることです・・・。
    愛さん、絵理さん、それに女将さんは席を外していただけますか?」

絵理「プライバシー・・・?」

愛「わ、分かりました。行こう、絵理さん」

涼「!!」


156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 02:49:15.31 ID:Bd/upIGb0
宿泊客A「勿体ぶらずに早く言いなさいよ!まったく犯人扱いされて不愉快だわ」

右京「妙なのは・・・あなたが涼さんを見たという場所ですよ」

宿泊客A「はァ?温泉よ?何が妙だって言うの」

右京「それは・・・『女湯』でしょうか?」

宿泊客A「あったりまえじゃない!」


157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 02:51:17.72 ID:Bd/upIGb0
涼「この女の人の言ってることはウソだ!」

宿泊客A「な・・・あなたは私のこと覚えてないかもしれないけど、私は確かにこの目で見たのよ!あなたのこと」

右京「・・・・・・」

涼「おかしいよ!だって・・・だって僕、男の子だよ!?」



159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 02:55:38.56 ID:Bd/upIGb0
宿泊客A「じょ、冗談はよしてよ・・・あなたは最近人気の女性アイドル・・・」

涼「もう!じゃあ証拠を見せるよ!」

バッ!!

宿泊客A「!!!!!!」


160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 02:55:44.98 ID:pp+b5+/Q0
杉下トップアイドルなのかwwww

161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 02:58:43.11 ID:yD7A48Re0
見せちゃうとか俺の亀山君がやばい

162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 03:00:25.29 ID:Bd/upIGb0
宿泊客A「私は・・・私は犯人じゃない!」

右京「純情な少年を素裸にしておいて、まだしらばっくれる気ですか!?」

プルプルプル・・・

右京「恥を知りなさいッ!!」


163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 03:02:21.46 ID:yD7A48Re0
恥知りすぎワロタ

164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 03:05:33.62 ID:Bd/upIGb0
こうして事件は解決した・・・

涼「それにしても・・・右京さんが僕の秘密を知っていたとは驚きました」

右京「先ほどお話を伺っていたときに気付いたんですよ
   声、骨格、仕草・・・これは女性の『それ』ではない、と」

涼「まだまだ修行が足りませんね・・・右京さんにはかなわないなぁ」

右京「いえいえ、細かいことが気になってしまうのが僕の悪い癖。
    細かいことを気にしなければ、あなたの女装は上出来ですよ」



166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 03:08:31.98 ID:Bd/upIGb0
後日

社長「何ィ?警察に戻りたいだって?」

右京「ええ・・・」

社長「プロデューサーくんにはもう言ってあるのかね?」

右京「いえ、まだですが・・・」



168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 03:10:46.07 ID:Bd/upIGb0
小鳥「決意は・・・固いのね」

右京「アイドルとして・・・不完全燃焼な部分があることは事実なのですが」

小鳥「お別れパーティ、やらなくっちゃね」


170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 03:14:23.49 ID:Bd/upIGb0
真「右京がアイドルやめるって本当なの!?」

春香「そんな・・・仲良くなったばかりなのに」

伊織「ふん・・・何を悩んでたかと思えば、そんなこと・・・そんなこと・・・そんな・・・」


171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 03:16:25.65 ID:Bd/upIGb0
千早「ガセネタかもしれないわ、みんな落ち着いて」

雪歩「うぅ・・・右京さんがやめるなら私もやめますぅ」

やよい「プロデューサーはどこ行っちゃったんでしょうか?」


172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 03:21:21.68 ID:Bd/upIGb0
律子「ホント、プロデューサーどこ行っちゃったのかしら。こんな時に・・・」

あずさ「あらあら、私が探しに行ってこようかしら」

美希「あふぅ・・・」



174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 03:25:26.88 ID:Bd/upIGb0
響「これはタダごとじゃない気がするぞ!」

貴音「なにやら面妖な・・・」

キーッ バタン

亜美「あ、兄ちゃん帰ってきた!」

真美「兄ちゃん!早く早く!」


175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 03:27:12.13 ID:Bd/upIGb0
P「そうか・・・もうみんな知っていたか」

春香「じゃ、じゃあ・・・!」

P「うむ、右京はアイドルを引退することになった」


176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 03:38:31.23 ID:Bd/upIGb0
呆然とする一同

真「やっぱり・・・警察に戻るんですか?」

P「ああ・・・本人はそう言っている」

律子「残念ね・・・右京はアイドルとして、100年に1人の才能の持ち主だったのに」

雪歩「うぅ・・・やめないで・・・やめないでほしいですぅ」


179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 03:47:31.62 ID:Bd/upIGb0
伊織「あんたたち何落ち込んでのよっ!右京が引退したら何なの?私たちには関係ないじゃない!」

真「ちょっと伊織、その言い方はないだろ!?」

春香「真・・・伊織も本当は寂しいんだよ」

伊織「な・・・!そんなワケないじゃない!あーぁ、右京がいなくなってせいせいするわぁ・・・」


180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 03:50:31.36 ID:Bd/upIGb0
伊織の頬をつたう一筋の涙・・・

P「・・・とにかく、これは決定事項だ」

小鳥「みんなでお別れパーティやりましょ、ね?」

真美「そうそう!盛大に送り出してあげちゃおーよ!」


182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 03:52:31.44 ID:Bd/upIGb0
春香「じゃあ私、ケーキ作るね!」

真「うん、ボクも手伝うよ」

やよい「じゃあ私は飾り付け、やっちゃいまーす!」

雪歩「私は・・・最高のお茶、淹れますね」


183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 03:55:22.51 ID:Bd/upIGb0
律子「そうと決まれば、支度支度!ほら、美希も手伝うの!」

美希「あふぅ・・・メンドくさいけど、右京のためなら仕方ないの」

あずさ「あらあら、うふふ・・・」


185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 04:06:04.31 ID:Bd/upIGb0
そして、パーティ当日・・・

一同「右京さん!今までありがとう!警察でもがんっばってね!」

パチパチパチパチ

右京「み、皆さん・・・僕のために・・・」

P「さぁさぁ、湿っぽいのはナシだ!パアッーとやろうぜ!」


186 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 04:10:52.51 ID:Bd/upIGb0
社長「ウォッホン!それでは皆から一言ずつ」

小鳥「右京さんのこと、一生忘れないわ。警察に行ってもがんばってね♪」

やよい「うっうー!右京さんともやしの早食い競争したこと、昨日のことみたいに覚えてますぅ!」

亜美/真美「右京っち、たまには遊びにきてよ!ゼッタイだかんねー!?」

貴音「杉下右京・・・あなたからは多くのことを学びました。感謝します」


187 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 04:10:54.00 ID:N0+D7NGT0
みんな呼び捨てなのに吹くwwww

188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 04:14:49.54 ID:Bd/upIGb0
響「また、いぬ美の散歩一緒に行こうな!」

雪歩「右京さんの淹れてくれた紅茶・・・とっても美味しかったです」

美希「美希と右京はずっと友達なの!ずっとずっとなの!」

律子「右京がいなくなると・・・また事務所が収集つかなくなっちゃいそうね」


189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 04:20:23.24 ID:Bd/upIGb0
千早「杉下さんの歌唱力・・・まさしく天性の才能でした。あなたのこと、忘れません。」

あずさ「右京さんがいなくなると寂しくなるわねぇ・・・あ、ほら!伊織ちゃん、どこ行くの?」

伊織「う、うるさいわねぇ・・・!右京・・・ア、アンタのことキライじゃなかったわ。私に好かれたこと、感謝しなさいよね!」

190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 04:29:16.77 ID:Bd/upIGb0
真「右京には何でも話せたなぁ・・・他愛ない話も、悩みごとも。へへっ・・・泣けてきちゃうな、もう」

春香「まだチョコレートケーキの作り方、教えてなかったよね。警視庁まで押しかけて、教えにいっちゃおうかな・・・なんて」

P「右京・・・俺はお前をプロデュースしていたつもりだったが・・・どうやら違ったようだ。
 右京・・・お前が、俺を、俺たちをプロデュースしてくれた、導いてくれたんだ!!
 本当に・・・本当にありがとう!!俺、765プロでPやってて良かった!!」


192 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 04:31:38.60 ID:Bd/upIGb0
右京「みんな・・・。・・・はて、妙ですねぇ。目から汗がこぼれてきますねぇ」

美希「右京おもしろいこと言うの!それ涙って言うんだよ」

右京「僕が泣いてしまうとは・・・不覚でしたねぇ」


193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 04:31:44.41 ID:fSJfqErm0
右京さん愛されすぎワロタ

194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 04:41:56.48 ID:Bd/upIGb0
右京「では・・・この辺で。皆さんのこと絶対に忘れませんよ。今まで・・・ありがとう」

一同「右京さぁぁぁあああん・・・グスッ」

765プロを後にする右京であった・・・


195 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 04:43:41.93 ID:Bd/upIGb0
ある日の特命係・・・

角田「ヒマかっ?」

右京「アイドルの頃に比べれば、大分ヒマでしょうねぇ」

角田「だよねぇ」


196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 04:44:31.28 ID:Bd/upIGb0
お し ま い



[ 2010/08/25 22:18 ] SS | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://7zdekure.blog129.fc2.com/tb.php/127-5e628196










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。